2010年10月17日

手書きの線のみで作られたFlashアニメーション・Ana Somnia




Ana Somnia

「病的な美しさ」をテーマに活動する

ドイツのアート集団「ROSTLAUB」が先日公開した、

Ana SomniaというFlashアニメーション。

部屋の電気を消すと、同時にブラウザの中の子供部屋も真っ暗に。

そのまましばらく待っていると、やがて少女の頭からは

無数の不思議な生き物たちが次々と飛び出し、

ツタのように絡み合いながらその枝葉を広げていきます。

不気味にうごめく生き物たちのデザイン・アニメーションは

まさに「病的な美しさ」という表現がピッタリ。

キモチワルイのになぜか延々見続けてしまう、不思議な魅力のある作品です。

またこのアニメーション、実はプログラムによって自動生成されていて、

再生するたびに内容が変わるのも大きな特徴。

もちろん自動生成なので「終わり」もなく、

再び部屋の明かりをつけないかぎりはどこまでも無限に広がっていきます。

ゲームなどではしばしば見かける「自動生成」ですが、

こうしてデジタルアートに応用するのも面白そうですね?

ちなみにWebカメラがない人でも、画面右側に表示される

スイッチを押せば同じように遊べますのでご安心ください。

「ROSTLAUB」のサイトではこれ以外に「99Rooms」という

Flashアートが公開されており、

こちらもAna Somniaに負けずすばらしい作品となっています。

Ana Somniaの魅力にヤラれた人は、

こちらもぜひ併せてチェックしてみてはいかがでしょうか?

ちょっと首を傾げたくなる現象ですが…。





posted by NewTube at 14:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。