2010年10月22日

中島美嘉が両側耳管開放症のため歌手活動を休止




歌手中島美嘉(27)が、両側耳管(じかん)開放症のため

歌手活動を休止することが21日、公式ホームページで発表された。

中島美嘉は5年ほど前から右耳がつまるような違和感を感じていたという。

最近になり両耳の症状が悪化。日常生活には支障はないが、

100%の歌唱ができないことから予定されていた歌番組の出演と

10月30日からスタートするライブ4公演を中止する。

復帰時期は未定だが、来春のツアーを目指し治療に専念する。

新アルバム発売を間近に控え、中島美嘉が歌手活動を休止することを発表した。

関係者によると、5年ほど前から右耳が聞こえづらく、

つまるような症状を感じていたという。

今年の中島美嘉はデビュー10周年のメモリアルイヤーで、

TBSドラマ「うぬぼれ刑事」、

映画「バイオハザード4 アフターライフ」の出演など

女優業と音楽業で精力的な活動を行っていた。

しかし、最近になって両側の耳管開放症が悪化。

10月30日から大阪、東京でスタートする

10周年記念ライブの開催を目指して、懸命に治療を行っていたが、

耳の不調で100%の歌唱ができないことから、

歌手活動を休止することを決断した。日常生活には支障はないという。

中島美嘉は18日収録のNHK「MUSIC JAPAN」をキャンセル。

22日に出演予定だったテレビ朝日「ミュージックステーション」もキャンセルする。

10月30、31日の大阪城ホール公演、

11月5、6日の日本武道館公演も中止となる。

中島美嘉は21日夜にホームページを更新し、ファンへ向けて現状を報告した。

今回、耳の不調により少しの間、歌うお仕事をお休みさせていただきます。

これまで数年、耳の違和感と向き合いながらお仕事させていただいていましたが、

10周年を迎える今、納得できる歌が歌えないくらいに悪化してしまい、

治療に専念したいと思います。

ただ、体は元気です。耳だけが不調で歌手として悔しい限りです。

復帰時期の詳細は未定だが、来春のライブには

万全の体調で臨むことを目指すという。

中島美嘉は「1日でも早く、また皆さまに歌を届けられたら幸せです」と締めくくっており、

年内は治療に専念し、来春にはステージで元気な姿を見せてくれそうだ。

[2010年10月22日7時58分 紙面から]







posted by NewTube at 10:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。